クセに関する情報

顔の形は日頃のクセで変わることがあります

日頃の良くない習慣やクセで顔の形が歪むことが考えられます。
顔が歪むと顔の皮膚をたるませてしまったり、顔が大きく見えることもあります。
日頃のクセを見直すことで顔の歪みがとれて小顔になったり、顔のたるみなども改善することが期待できます。
顔の歪みの原因のひとつに噛み癖があります。
片側だけ噛む癖がある場合、使っている一方の筋肉が緊張し、使っていない側は筋肉を使う頻度が少ないため、左右非対称のたるみができてしまいます。
この噛み癖が習慣になると身体の全身にも歪みがあらわれ、顔の形まで影響します。
片側だけで噛むクセがあると、顔のたるみだけではなく、片方のほうれい線が濃くなる、顔や骨盤が歪む、猫背、左右の目の高さと大きさに差がでるなどがあります。
噛み癖だけではなく、日常で何気なくやっている行動で頬づえをつく、同じ足で組む習慣がある、口呼吸をするなどでも顔は歪みます。
顔の歪みを改善するには、鼻呼吸をして、頬づえを付くなら両手で行い、左右同じ回数で食べ物を噛むよう意識することなどを実践することで改善が期待できます。

似合う髪型はクセと顔の形できまる

髪の毛を切ったときに、雑誌を参考したのにイメージと違ったという経験は誰にでもあります。
これは、髪の毛のクセや顔の形などが異なるため起こります。
クセ毛にも色々種類があり、髪の毛自体がカールしていたり縮れていたりするものや生え癖によっておかしなところで分け目がついたり髪が跳ねる、流れのバランスが悪くなったりします。
クセ毛に似合う髪型としては、縮毛矯正でストレートヘアやクセをいかしたショートボブなどもおすすめです。
髪の毛が広がりやすいと言う場合には重めのボブスタイルが良く、広がりやすい髪質は髪の毛が乾燥していることも多いためトリートメント成分が含まれた整髪料を使うと良いとされています。
ショートカットが似合わないというくせ毛の場合は、思い切ってベリーショートにしてみると髪が纏まりやすいと言われています。
どのような髪型にしろ、基本的に髪と顔を組み合わせたときにひし形になるのが理想のバランスです。
顔のタイプ別にコンプレックスをカバーしながら似合う髪型を探していくことが大切です。

Copyright 2015 髪のクセを楽しむ All Rights Reserved.